BPM15 : 絶縁DC-DC電源モジュールのパッケージ封止型BPM15シリーズ

BPM15 : Murata announces rugged BPM15 series of isolated DC-DC power modulesムラタは、ムラタパワーソリューションズ製、±5V, ±12V, ±15V二出力の15W絶縁型DC-DC電源モジュールBPM15シリーズを発表しました。このシリーズは、電気的性能、堅牢な構造設計を持つ傍ら比較的低コストで、パワーシステムエンジニアの柔軟な電源回路設計が可能となります。 BPM15シリーズは、需要増加中の4:1ワイド入力電圧レンジ品で、入力電圧範囲は9-36V及び 18-75Vとなります。この製品の入力対出力間の絶縁性能は、1600VDCの基礎絶縁で規定されています。このシリーズは、表面実装技術及び自動実装工程で部品実装され、最新のパルス幅変調方式PWM (Pulse Width Modulation) 技術の採用により出力電圧の安定化に寄与します。 BPM15は-40~85℃の動作温度範囲で規定され、ほとんど対流気流がない又は無風の環境下における多種多様な環境及び高信頼性が要求される産業機器に対して、理想的なモジュールタイプの電源提案を実現します。 本製品は、25.4mm x 25.4mm x 10.16mmパッケージで封止された5面シールドの堅牢な構造を有しており、温度/機械的性能に優れ、信頼性が確保された設計品です。産業用製品、スマートグリッド、データストレージ、ネットワーク/コンピュータ/サーバシステム及びテレコミュニケーション等の厳しい環境下でのアプリケーションに対して適した製品です。 「BPM15シリーズは9Vから 75Vの入力電圧に対応し、25.4mm x 25.4mmの堅牢な5面シールドパッケージタイプで、多様なアプリケーションに最適なソリューションです。パワーシステムエンジニアはBPM15シリーズを使用する事により、小型、高効率、そして堅牢なパッケージの観点から、基板実装面積の短縮、消費電力の低減によるエコ化、機械的耐性の向上など様々なメリットが出ると思います。」とムラタパワーソリューションズのプロダクトラインマネージメントディレクターのビル・スミス氏は語っています。 BPM15は、UL-60950-1, CSA-C22.2 No. 60950-1, IEC/60950-1(2ndエディション)認証品です。 現在、サンプル品の提供が可能です。 Ref. MUR364

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 24-03-2016