SPC-54/4.4-L12PG-C : 12V電源からPoE準拠の電源回路へ電源を供給するムラタ製出力安定型コンバータ

SPC-54/4.4-L12PG-C : Murata regulated converter delivers POE compliant power from a 12V sourceムラタは、54V/240W最大出力のパワーオーバイーサネット(PoE)対応絶縁型DC/DCコンバータSPC-54/4.4-L12PG-C をリリースします。非常にコンパクトなSIP(シングルインラインパッケージ)形状で、12V電源から最大で9台の25.5W PoEデバイスを駆動する事が可能です。 SPC-54/4.4-L12PG-Cは、IEEE 802.3 PoE規格準拠の従来用いられるCat 5ネットワークケーブルを介してイーサネット機器に電力供給出来るよう、開発されました。このユニークなPoE対応電源モジュールは、12V電源電圧を54V/240Wに変換し、複数のPoEデバイスに電源供給を行いサポートする事が出来るよう設計されています。 独自の回路構成の採用により、94%効率、PoE対応、54V出力を実現しています。このモジュールは、PoEの安全性に関する要求事項の入出力間絶縁2,250Vdc及びSELV回路要求に適応した過電圧保護機能を備えています。SIP型パッケージフォーマットの採用により、基板実装面積の節約、及びアプリケーションの要求事項に応じた出力回路の最適化を図る事が出来ます。 先進的なサーマルマネージメントを行う事により、非常にコンパクトなパッケージで、周囲温度60℃の環境下で240W出力を確保する事が出来ます。基板実装面積はトータルで67.0x8.9mmに抑えられます。 入力電圧レンジが10.5Vから13.2Vで、SPC-54/4.4-L12PG-CはPoEデバイスを用いた端末間の情報通信技術(ICT)対応のエコシステム用電源として最適です。PoEデバイスとしては、VoIP電話、IPカメラ、ワイヤレスアクセスポイント、IPTVデコーダー、ネットワークルーター、ネットワークススイッチ、ネットワークインターコム、産業用センサー、キーレスアクセスシステム、そして照明用コントローラーがあります。 Ref. MUR365

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 09-03-2016