OKLP-X/60-W12A-C : 高出力密度481W/立方インチのムラタ製60AパワーブロックDC/DCコンバータモジュール

OKLP-X/60-W12A-C : Murata’s 60A “Power Block” provides power density to 481 W/ inch3Murata Power Solutions社から、パワーブロックの最新版となるOKLPシリーズOKLP-X/60-W12A-Cを発表しました。これは既存の25A,35A各定格出力製品のアップグレード版の60A定格出力製品となります。このパワーブロックのコンセプトは、ディスクリートポイントオブロード(PoL)設計とその完全な非絶縁型降圧モジュールの中間に位置します。パワーブロックは本来PWMコントローラ無しの非絶縁型降圧コンバータで、同コントローラは外付けで構成されますが、この最新版は同コントローラ等、PoL設計に必要な部品が全て内蔵されており、一連の評価試験が執り行われ、温度及び過渡応答特性良好な製品となっています。電源回路設計者はパワーブロックを用いる事により、通常の電源モジュール使用時と比べて、低コストで高性能の電源システムを維持しながら電源回路の高効率化及び小型化を図る事が出来ます。なおパワーブロックは大抵のアナログ又はデジタルPWMコントローラに対応しており、代表的なPWMコントローラとしてTI社製TPS40425(2相式、積層PMBus同期整流方式降圧コントローラ)があります。OKLP-X/60-W12A-Cは7~13.2VDC入力の0.6~3.63VDC/60A出力製品で、PoLの用途に適しています。12V入力/3.3V出力,全負荷時の効率は95%;標準で、25.4x12.7x12.2mmのコンパクトな大きさとなっており、電力容量は481W/ inch;最大となります。OKL-X/60-W12A-Cは中継電源バス技法の中のFPGA,ASIC,マイクロプロセッサー及びI / O電圧への電源供給用に適しています。 Ref. MUR335  

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 02-04-2015