DRQ series 500 and 600 Watt DC-DC converters : 業界標準フットプリントを採用した発展的なアドバンスバスコンバータ(ABC) 500/600W出力のDC-DCバスコンバータDRQシリーズを発売

DRQ series 500 and 600 Watt DC-DC converters : Murata Introduces Quarter-Brick Series of 500 / 600 Watt DC-DC Bus Converters Using Evolving ABC Industry Footprintムラタはムラタパワーソリューションズ社製、デジタル制御の500/600W単出力DC-DCコンバータDRQシリーズを発売しました。32ビットARM7プロセッサを内蔵した600W出力のDRQ-12/50-L48モデルと500W出力のDRQ-12/42-D48モデルは、PMBusTM 互換のデジタルインターフェースを搭載したムラタパワーソリューションズ社では2番目のシリーズです。DRQシリーズは、絶縁型DC-DCコンバータにPMBusコミュニケーション用のアドバンスバスコンバータ(ABC)ピン配列を組込んだ業界標準クォータブリック形状品です。DRQ-12/50-L48 (600W) 、DRQ-12/42-D48 (500W) 共に業界標準クォータブリック形状で、絶縁型オンボード電源として発展的なアドバンスバスコンバータ(ABC)をサポートします。–L48モデルは44~57Vdcの入力電圧、12Vdc/50A出力品で、厳しく制御された中継電源バス機構(IBA)に最適です。 –D48モデルは11.5Vdc/43.5A出力、38~75Vdcの電気通信網電圧(TNV)規格の2:1入力電圧範囲をサポートします。発熱の少ないこの95.5%typ. 高効率品は、昨今のスペースに制限のあるテレコム用やデータネットワーク機器用に理想的です。代表的なアプリケーションとしては、マイクロTCA、サーバ、ストレージ、ネットワーク機器、PoE用例、産業界での無線ネットワーク、試験機器などがあります。 PMBusインターフェースを用いる事により、以前のクォータブリック形状の定格500-600Wの絶縁型パワーモジュールでは不可能であったパワーマネジメントを容易にします。システムのI2CバスにDRQモジュールをインターフェースで接続することで、システムエンジニアは入力電圧、入力電流、出力電圧、出力電流、動作温度といった重要なシステムレベルで各種パラメータをモニタできます。PMBus経由で温度、入力電圧、出力電圧、出力電流への警告フラグをセットできます。ユーザによる出力電圧、入力電圧ON/OFF閾値、出力過電圧保護、出力電流制限、起動時の立上り速度などのパラメータ設定も可能です。また、追加で電源が必要になったり電源構成上、冗長接続が必要となるアプリケーションにおいては、2つ以上のコンバータを並列に接続できます。 DRQシリーズ は、高信頼性アプリケーション用に厳しい制御や監視能力を要する高効率で高電力のDC-DCコンバータを要求する成長産業の需要に合うよう設計されています。 Ref. MUR321

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 17-12-2014