OKLP-X/25-W12-C : ムラタはネットワークアプリケーションで高まる高電力密度の要求に応えるためパワーブロックモジュールを発売

OKLP-X/25-W12-C : Murata launches Power Block modules to address demand for increasing power densities in networking applicationsムラタは非絶縁型DC-DC変換用に今までと異なった設計アプローチで、電源システム設計を提供できるようにデザインされたパワーブロックシリーズを初めて発売しました。高電力密度の需要が増している昨今、ムラタパワーソリューションズはその要求に応え開発しました。この今までと異なった概念は個々のポイントオブロード(PoL)設計と一般的な非絶縁型PoLコンバータモジュール設計との間に位置付けられます。パワーブロックは本質的にPWMコントローラなしの非絶縁型降圧コンバータです。 パワーブロック設計アプローチは、一般的なモジュール設計アプローチと比較して、低価格で高性能システムを維持しながら電源技術者に最高の効率、可能な最大電力と電流密度をもたらします。ムラタのパワーブロックは、電源で取り扱う部品を1つにまとめ、熱/ダイナミック特性において十分にテストし特性を明示しています。パワーブロック設計アプローチは、昨今勢いのあるFPGA、ASIC、コンピュータ、IBAの電源回路構築に理想的です。ほとんどのアナログまたはデジタルコントローラは、パワーブロックと共に使用できますが、ZMDI’s ZSPM1025単相デジタルPWM ICコントローラと対で使用することで最大の性能が得られます。 このアプローチを組み込んだ最初の製品OKLP-X/25-W12-Cは、定格25A品で、PMBus™コミュニケーションを取り入れたデジタルコントローラのZMDI シリーズと共に使うために最適化されています。 ZSPM1025と25A出力のムラタパワーブロックの利点
  • 準備、試験を行い、十分に事前調整された25Aのポイントオブロードソリューション
  • 段階的な指示説明とソフトウェアの操作ガイド機能を含むダウンロードできる操作説明書
  • 開発時間の超短縮のためのPink Power Designer™ GUI を用いた出力電圧の高速設定と監視機能
  • 設計不要の4種類の異なった出力コンデンサレンジをサポート
  • FPGA 設計者に扱いやすいソリューション
  • 35A、45A ポイントオブロードソリューションは近々リリース
OKLPパワーブロックの外形寸法は、12.7 x 17.02 x 10.7mm、効率は93.5%.typ.で定格12Vdcの7~13.2Vdc範囲の入力電圧範囲を有します。 ムラタパワーソリューションズのマーケティング・ボード実装電源部長のビル・スミスが次のように述べています。「電力密度、性能、全体のシステム価格を改善するために柔軟性と選択肢を持って電源システム設計エンジニアにこのユニークなパワーブロック機構を提供できることをうれしく思います。今後ますます増えるであろう要求に対処するためにムラタのOKLPを提供します。」 Works with ZMDIs ZSPM1025 single phase digital PWM IC - Learn More Today Ref. MUR233

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 31-10-2013