PAE Series : 中電力のマルチチャネル マイクロセルトランシーバ用に設計した 高効率DC-DCコンバータを発売

PAE Series : Murata’s high efficiency DC-DC converter targets medium power multi-channel microcell transceiversムラタはムタラパワーソリューションズ社製の高効率100W出力のDC-DCコンバータ ” PAEシリーズ” を発売しました。 このシリーズは最近のマイクロセル無線トランシーバのようなマルチチャネルパワーアンプ用に設計されています。 絶縁型PAEシリーズは、92.5% typ.の高効率でモジュールの消費電力を最小に抑えることができるため、システム全体の温度上昇を抑え、通信事業者にとってエネルギー価格の節約になります。PAEシリーズは、100W出力の業界標準オープンフレーム、スルーホール形状1/8ブリック品です。基地局やRRH伝導放熱用オプションとしてベースプレートが付けられます。 本製品の入力電圧は業界標準TNV(電気通信網電圧)の 36~75Vdc:定格48Vdcです。出力電圧は単出力29.8Vdcですが、23.84~32.78Vdc間で調整できます。電源アンプシステム設計者にとって使いやすさを最大限に考慮しています。 また、正/負論理リモート制御機能を始め、過電流/過昇温/入力過小電圧/出力短絡の保護機能を備えています。 PAEシリーズの動作温度範囲は-40~100℃です。入出力間基礎絶縁は業界安全要求を満たす1,500Vdcです。オプションでベースプレートを付けることができ、ベースプレートから直接出たオプションピンとシステムグランドを接続するなども可能で、電源システム設計者の選択肢を広げます。 また、PAEシリーズは現代の通信システムが要求する低ノイズに適合した設計で、ほとんどのアプリケーションで最低限の出力フィルタを必要とします。 他の使用例としては、屋内/屋外WiFi設置、RF試験機器、CATVシステム、MRI画像機器などがあります。 Ref. MUR276

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 02-10-2013