EMH-54/3-Q48N : ニュースリリース参照番号日付2012年6月PoEアプリケーション用に最適な162W /54V出力のハーフブリック電源モジュール品

EMH-54/3-Q48N : 162 W 54 Vout half-brick power module suits PoE applicationsムラタから、パワー・オーバ・イーサネット(PoE)用として設計された電源モジュールEMH-54/3-Q48N-Cを紹介します。 ムラタパワーソリューションズのDC-DC電源モジュールEMHシリーズの出力電圧は、SELVレベルの 54Vで、マルチポートIEEE802.3at(PoE+)準拠のアプリケーションの要求に適合した2250Vdcの基礎絶縁を有します。EMH-54/3-Q48N-C は、4系統のPoE+イーサネットポートのそれぞれに54V/30Wを、また54V電源ラインの負荷に対して最高162Wまで供給できます。 EMH-54/3-Q48N-Cは、 特にバッテリ電源システム(24V、48V、60V)や無線基地用のような幅広い動作入力電圧範囲を必要としているアプリケーション用に設計され、世界各地で使用可能な18-72Vdcの入力電圧範囲を有します。 EMHシリーズは、強制空冷が要求される、あるいは密封された筺体内で使用されるアプリケーションに対して対応できるよう、メカニカルな対応がなされていますが、そのために強制空冷用のオープンフレームモジュールを用意するか、ベースプレートを付加して熱伝導方式により、筺体に放熱する冷却方式を用いる必要があります。 この高機能な多目的DC-DCコンバータは、91.5%の効率、18-72Vの広入力電圧範囲で出力54V@3Aを提供します。絶縁電圧2250Vdcの基礎絶縁で54V SELVレベルの出力電圧を提供するDC-DCモジュールに要求されるPoEアプリケーションに対してUL認証されています。また、本シリーズは、業界標準DOSAハーフブリックパッケージで寸法は 58.4 x 61 x 12.7 mm (2.3 x 2.4 x 0.5インチ)になります。 オプションのベースプレートは、ヒートシンクを要求されるアプリケーションや密封した筺体内にて熱伝導での冷却方式を用いる際にお使いいただけると最適です。保護機能としては、過小入力電圧ロックアウト、出力電流制限、短絡保護、過昇温シャットダウンなどがあります。 Ref. MUR201

ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Categories: Japanese
Published at: 26-07-2012