English  Japanese 

Murata Power Solutionsの新製品pSemi認証トランスは、設計・評価時間とコストを削減します

Date: May 10, 2018

Murata’s new pSemi approved transformers save time and costMurata Power Solutions 社は、Peregrine (pSemi)社のPE22100プッシュプルDC-DCコンバータのドライバIC用に設計したトランス782100シリーズを発売しました。ドライバICとトランスを組み合わせる事により、最大定格1Wまでの絶縁型DC-DCコンバータを容易に構築する事が可能で、主にRS232、RS485、CANバスのような光絶縁素子などで絶縁されたデータインターフェースの二次回路側の電源用途に使用されます。

このトランスは業界標準ピン配列を有し、面実装(SM)タイプとスルーホール実装(DIL)タイプがあります。SMタイプは、3.3V/5V,5V/5Vの入力/出力電圧、DILタイプは3.3V/3.3V,5V/3.3Vの入力/出力電圧になります。各出力電圧は、本トランス製品を含めたディスクリート電源構成の中で、外付け接続された出力整流ダイオード及び平滑用コンデンサで整流/平滑された後の直流出力電圧で規定されています。本シリーズ全てのトランスは、内蔵トランスコアに巻線を密着させながら一次巻線と二次巻線をそれぞれ重ねて巻いており、且つこのコア対各外部ピン間の巻線長を最短にしたトロイダル構造を有する4kVDC絶縁耐圧品で、このトロイダル構造により高効率及び低EMIを実現しています。動作温度範囲は-40~85℃で、SMタイプはMSL1で規定されているため、特別な保管法は必要ありません。またSMタイプは、通常のリフローシステム条件となるJ-STD-020準拠のリフローはんだ付け温度/時間;217℃/100秒(最大)、ピークリフロー温度;245℃のリフローはんだ付けが可能です。スルーホール実装タイプは、ピーク温度260℃/10秒(最大)のウェーブソルダリング(フローはんだ付け)を行う事が出来ます。両タイプともピンはスズメッキです。

ムラタグループのpSemi社は、顧客に安心してご使用頂けるようpSemi社製ICとこのトランスを組み合わせて試験を行い、合格判定を出しています(このトランスが同社製ICに使用出来る事を認証しています)。更にこのトランスは、既存の類似した構造を有するMurata Power Solutions社製トランス製品を基に設計されており、この類似機種は長い市場実績を有し、顧客から製造技術に関して高い信頼を得ています。

絶縁されたデータインターフェース回路用途に用いられる、このトランスとpSemi製 IC のディスクリート電源の用例は、アナログ/デジタルI/Oカード、データアクイジション、測定器があります。ディスクリートDC-DCコンバータ(DC-DC電源)を構築するために必要となる外付けの出力整流ダイオード及び出力平滑コンデンサは7mm以下の低背部品が必要となります。評価キットはpSemi 社からのご提供になります。

Murata Power Solutions 社の磁性部品関連のプロダクト・マネージャであるAndrea Polti 氏は次のように述べています。「Murata Power Solutions社と pSemi 社の協業によりこれらのトランスを開発した意図としては、回路設計者がpSemi IC使用時に、個別にトランスを評価する必要性が生じる事なく、設計・評価時間及びコスト削減を図る事が出来るようにするためです。」

以上

詳しいお問い合わせ:

Dunya Kamil, Murata Electronics Europe B.V., Wegalaan 2, 2132 JC, Hoofddorp, The Netherlands

Tel:       +31 (0) 23 56 98 456                  E-mail:  dkamil@murata.com
Fax:      +31 (0) 23 56 98 361                  Web:    www.murata.com

代理店お問い合わせ

Rachel Sandeman, Publitek Limited, 18 Brock Street, Bath, BA1 2LW, United Kingdom

Tel:       +44 (0) 2038 136425                  E-mail:  rachel.sandeman@publitek.com
Web:    www.publitek.com

 

ムラタについて

ムラタは、電子部品、モジュール、そして装置のトップメーカーです。このテクノロジーハウスの全種類としては、セラミックコンデンサ、レジスタ、サーミスタ、インダクタ、チョークコイル、タイミングデバイス、ブザー、センサ、そしてEMI除去フィルタがあります。ムラタは世界的なセラミックコンデンサ製造業者で知られる一方、ブルートゥース®とWiFi™モジュールの世界的なリーダでもあります。またオンボードタイプDC-DCコンバータ製造業者としても世界NO.1であり、標準/カスタムAC-DC電源の主製造業者です。

1944年創立で日本に本社があり、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、オランダ、スペイン、スイス、そしてイギリスに欧州オフィスがあります。

ムラタについての詳細は、www.murata.com. をご参照ください。

ツイッター @MurataEurope

リンク http://www.linkedin.com/company/murata-electronics

Facebook  http://www.facebook.com/MurataElectronics


ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Category Japanese