English  Japanese 

NM485D6S5MC and NMTTLD6S5MC : 絶縁電源を供給するRS485、TTLインターフェース用のムラタの集積モジュール

Date: Apr 05, 2017

NM485D6S5MC and NMTTLD6S5MC : Murata’s integrated modules for RS485 and TTL interfaces provide isolated power絶縁電源をRS485またはTTLインターフェースに供給するムラタパワーソリューションズ社製の低電力絶縁型データ通信デバイスNM485D6S5MC 、NMTTLD6S5MCをご紹介します。外付け部品は不要で、5V単一電源で絶縁バリアの一次/二次回路両サイドを機能させる事が出来ます。絶縁されたデータ通信と電源を単一モジュール化することで、基板実装面積と設計時間を節約します。

NM485D6S5MCは単一チャネル/ 全二重データ通信、及びマルチポイントバス転送用に設計されています。本品は3ステート差動ラインドライバと差動入力ラインレシーバを1つのパッケージに組み込んでいます。ドライバとレシーバはアクティブハイとアクティブロウそれぞれのイネーブル端子を備え、これらは転送信号の方向制御を行うために接続される端子となります。産業機器向けの動作温度範囲-40℃~85℃を有し、わずか18.16 mm x 14.5 mm サイズの面実装形状で3kVac実効値絶縁耐圧試験に対する耐性を保持しています。NM485は絶縁タイプの単一チャネル/ 全二重データ通信製品となり、250VACでの強化絶縁でUL60950承認申請中です。

NMTTLは全4ラインの絶縁されたデジタルデータ転送ラインを有し、これら4ラインは2系統の送信ラインと2系統の受信ラインで構成されます。これら各系統の信号ラインのデータ転送速度は最大25Mbpsです。また産業機器向けの動作温度範囲-40℃~95℃を有し、わずか16.9 mm x 14.5 mm の面実装サイズで1500Vac実効値の絶縁耐圧試験に対する耐性を保持しています。本品は250VACでの基礎絶縁でUL60950承認申請中です。

NM485、NMTTL共にデジタル回路用に安定化された5V電源出力、及びA/Dコンバータ、オペアンプ等のアナログ回路用に非安定の±6V出力電源を備えています。また両製品ともに、医療機器に対する安全認証取得を容易にするため、250VACでのANSI/AAMI ES60601-1、2 x MOOPs(NMTTLは1 x MOOP)及び1 x MOPP安全認証を申請中です。一次対二次回路間の絶縁容量は5pF;標準であり、アプリケーション上でのEMIノイズ問題の低減に寄与します。

絶縁されたデータ通信と電源の各ラインを1つのパッケージに組み込んだことで、新規開発品に対する基板実装面積と設計時間が節約できます。本製品は競合品と比べて高い絶縁耐圧性能を有し、更に±6V出力電源が付与されている事により電源回路設計者のA/Dコンバータ、オペアンプ等のアナログ回路設計が容易となります。両製品ともにサンプル提供中です。


Ref. MUR414


ムラタパワーソリューシンズの概要
ムラタパワーソリューションズ(www.murata-ps.com)は、米国マサチューセッツ州マンスフィールドに本拠を構え、米国内、カナダ、日本、中国に設計、生産拠点をもっています.  ムラタパワーソリューションズはDC-DCコンバータ、AC-DC電源、マグネティクス、データ収集コンポーネント、パネルメータの設計、製造、販売を業務とし、これら製品をカスタム、標準品または仕様変更品と様々な形態で提供しています.  ムラタパワーソリューションズの製品は全世界の通信機器、コンピュータ、産業機器などの電子部門で広く使用されています.

ムラタパワーソリューションズは、村田製作所の関連会社で電子部品や電源モジュールの設計、製造、販売において世界でトップレベルの会社です. ムラタ製品は、民生用、車載用、無線通信機器などの広範囲なアプリケーションに用いられ、ムラタグループは全世界に従業員、生産拠点を有しています.

Contacts: Amy Collins, Marketing Communications Manager
Telephone: +1-508-964-5270

Category Japanese